来店不要ですぐにお金を借りる方法

個人信用情報を理解していない日本人

消費者金融などの金融機関を利用す場合に必ず知っておきたいこととして個人信用情報があります。これは個人信用情報機関の管理する情報のことで、過去の借入状況や返済の状況が記載されているものです。

 

  • CIC (クレジットカード会社系)
  • KSC (銀行系)
  • JICC (消費者金融系)

 

金融業者は必ず上記のような機関に属しています。ここから個人信用情報を閲覧できるという訳ですね。つまり、誰がどこでいくら借りていて、返済状況はどうなっているかなど、こういった情報は筒抜けなんです。嘘をついてもすぐにばれます。

 

これらは必ず身につけておくべき金融知識ですが、日本人の多くは理解していないようです。なぜなら、こういった金融知識は学校では教えてくれないからです。

 

欧米では常識

 

日本とは対照的に、欧米ではこの辺のことも幼い頃から教わっているそうです。これは欧米が小切手文化ゆえのことだと思いますが、信用のない人間とはお金をやり取りするのが難しいとわかっています。

 

これに対して日本では、金融事故を起こして5年が経過し、個人信用情報がクリアになっているかを確認もせず、「5年経ったから大丈夫だろ」という都合の良い思い込みでクレジットカードや消費者金融に申し込みをしてしまう人が多いようです。

 

多くの場合は、それでもまだブラック期間から抜けておらず、また否認されてしまうのですが、「なぜ個人信用情報を確認してから申し込みしなかったのですか?」と聞かれても「時間がかかると思ったし、めんどくさかった」と回答するそうです。金融事故を起こすような人はお金の管理だけでなく全体的にルーズなのかもしれません。

 

Q.消費者金融で借りたお金を返さないとどうなるの?

 

これって金融関係でよく聞く質問ですよね。

 

初めから借金を踏み倒すのを前提に借りるなんてのはもってのほかですが、やむを得ない事情で返済が滞ってしまうこともあります。その場合は担当者にきちんと事情を説明し、返済プランを一緒に考えるべきですが、それさえ怠ってしまう方もいます。

 

毎月の返済日を過ぎても支払いが確認できなかったときは催促の電話が来ます。それでも無視し続けた場合、テレビドラマでよくあるような怖いお兄さんがやってきて払えと脅されるなんていうことはなく、債権回収する側にもルールがあります。夜中に騒ぎ立てることは禁止ですし、借りる側の人権は守られます。

 

そして借金返済の時効は5年です。5年間1円も返さずに要求を突っぱね続けることができれば借金は法律上消え去ります。

 

しかしながら、そんなことをする人間は信用を無くします。信用情報機関の存在を知っていれば、個人信用情報は業者に筒抜けであることは誰にでもわかります。つまり借りたお金を返さずにいることは犯罪にはなりませんが、犯罪者と同じように社会的に信頼を無くすことは確かです。

 

消費者金融の他にもクレジットカードや銀行といった金融業者へは個人信用情報が伝わっていますので、以降どこからも融資を受けられなくなる可能性があります。

 

>> 来店不要ですぐにお金を借りる方法 TOPページ